2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

瞬!ワード

« クリスピー・クリーム・ドーナツ | トップページ | 『週刊東洋経済 2008/6/21号 ―最強の読書術 どう探し、読んで、活かすか!―』東洋経済新報社 »

2008年7月12日 (土)

『投資は世のため自分のため―長期運用の先に広がるおもしろい世界―』澤上篤人著、PHPファクトリー・パブリッシング

著者は、さわかみ投信(株)代表の澤上さん。

投資の初心者入門編という位置づけの本。ゆったり、おおらかに語るような口調で書かれている文体。紙面に占める文字数も多くなく、ゆったり、おおらかに読める。

ポリシーとして、(株への)投資はガツガツ儲けようとは考えずに、不景気で株安のときに買っておけば、あとはそれを放っておくだけで、自然に資産形成できるんだよ、毎日、相場の上げ下げに一喜一憂する必要もないんだよ、と語りかけてくれる本。さわかみ投信を始めてみようかとも考える。

ひとつ、悩むというか、よくわからないのは、リスク軽減のためには「国際分散投資」と文字を目にするところが多いなか、澤上さんは日本で生活する以上、(為替リスクをわざわざ背負うことはない)日本株中心に運用すればよいと読めること。それはそれなりに、説得力があると思うが、「国際分散投資」というのも理に適っているように思える。実際はどうなのか、まだまだ、このあたり初心者の自分は迷ってしまう。

« クリスピー・クリーム・ドーナツ | トップページ | 『週刊東洋経済 2008/6/21号 ―最強の読書術 どう探し、読んで、活かすか!―』東洋経済新報社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・お金・投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517821/41816378

この記事へのトラックバック一覧です: 『投資は世のため自分のため―長期運用の先に広がるおもしろい世界―』澤上篤人著、PHPファクトリー・パブリッシング:

« クリスピー・クリーム・ドーナツ | トップページ | 『週刊東洋経済 2008/6/21号 ―最強の読書術 どう探し、読んで、活かすか!―』東洋経済新報社 »

Chabo!

  • Chabo!
    Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。