2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

瞬!ワード

« ケータイ、復活しました! | トップページ | 『ありふれた人生』 スピッツ »

2008年11月 9日 (日)

和田裕美さんのわくわく伝染ツアー2008

昨日11/8土、品川 THE GRAND HALLで開催された「わくわく伝染ツアー2008 息を吸って吐くように目標達成しよう ~強運体質になる~」に参加した。これは、和田さんの会社ペリエが主催する、毎年最大のイベント(超体感型セミナー)で、今年は5周年記念。でも私は、今回が始めて。申し込みは、まだ、夏真っ只中の8月から開始。メルマガでの広告などを見てみて、昨年の様子など見て、よくわからないけどが、なんか楽しそう、わくわくできそうな気がして、早々に、申し込んでいた。

和田さんの話を聞くのは、これが2回目。でも、今回は、前回参加のセミナーよりエキサイティング。今回は、セミナーは、14時開始、終了は18時頃、映像と音楽はあったが、基本的には、和田さん1人のトーク。前回も、熱く語ってくれたが、今回も和田さんの大きな身振り手振りを交え語りかけてくれた。私も聞いていて引きこまれ、また、たくさんのことをわかりやすく伝えたい、という感じが和田さんから伝わってきた。まだもう少し話したいところなんだけど、スケジュールが押しいて、後半は、はしょらなければならないところもあったようだ。それでも、終了予定17:30から20分オーバーしてしまったほど。(私などは、この後予定もないし遠方からでもないので、極端なところ1時間オーバーでも全然かまわない、というか、うれしいくらいだが、遠方から来ていて新幹線などの時刻が決まっている方もいるであろうと、和田さんは終わりのとても気にかけていたようだった。)

セミナーは4部構成で、
 第1部    自分を改革させるために必要なこと(陽転思考など)
 第2部    コミュニケーション、背中を押せる人になる
 第3部    目標を達成するために必要なこと
 第4部    私の目標達成駅
でした。

第1部で、1つは、"陽転思考"の話が聞けたのがよかった(前回のセミナーでは、陽転思考についてはあまり聞けなかったので)。陽転思考(和田さん用語ですか?)とは、「事実は1でも、考え方は2つ」ある。2つの側面から1つの事実を考えられるのであれば、肯定的な考え方の考えを選択しましょう、ということ。
目の前の事実から、"よかった"を(1つでもいいから)見つけるという、考えをする、ということ。
自分の人生をコントロールするということは、自分でどっちがいいかを選択する人生だ、ということ。

第1部で、自分にとってもうひとつとても有益だったのは、目標は2種類あると明確にしてもらえたこと。すなわち
(1)明確な目標(枝葉の目標)
  →例えば、お金持ちになりたい、会社を大きくしたい、車が欲しい、家が欲しい、...
(2)漠然とした目標(根っこの目標)
  →「こんなひとになりたい」。すなわち、どんな人になりたいか。
  →例えば、優しい人、人の気持ちがわかる人
  →期限がなく、ずっと追いかけていくもの。自分の軸を作っていくもの。
明確な目標は、追いかけやすいから必要。
でも根っこの目標を持つこと――どんな人間になりたいか――の方が、すごく大事。というのは、迷ったときに、「根っこ」に聞いて判断することができるから。

第2部で、印象に残っているのは
・ 人づきあいの基本は、聞き上手になること
・ 笑顔持久力 → 挨拶のとき、5秒間笑顔を続ける

第3部は、運が強くなる道の歩き方。人生には4つの時期があるということ。
・  チャンスの潜水時期
・  綱渡り時期
・  3倍がんばる時期
・  成功試練の時期

第4部は、和田さんの目標達成駅
・  ドキュメンタリーの映画みたい(ネタバレにならないよう、あえて、さらっと)。これもよかった。和田さんも新たなことにチャレンジしてたんだ、そっちの方でも、がんばってたんだ、と感動した。
・  「何かやって、ゴールまでの道のり(プロセス)が一番大事」。
・  人間は誰しも、完璧ではない(それをお皿に例えて、「欠けている部分のないお皿の人はいない」)。だから、現状は、現状で受け入れるしかない。自分の欠けているお皿の部分を持っている人を、うらやんでも、また、自分のお皿の欠けている部分を、見つめて、あれがない、これがない、と言ってみても何も解決しないし、幸せにはなれない。そうではなくて、自分のお皿の欠けてない部分(自分が今持っているところ)の方を見ながら、生きて行った方が絶対にいい。
・  今自分が持っているものに感謝することからまず始まる。これが足りない、あれが足りないとか、これができない、あれができないとか、言っている時点では、何も達成できない。だけど、今、持っていることにすごく感謝できれば、きっと前に進んでいける。
・  日本書紀の神話の中に、人間はモノに執着すると幸せになれない、と書いてあるところがある。ないもの、持っていないものに執着すると幸せになれない。「ありがとう」と言える心が、すべてのスタートライン。"よかった"を見つけられるのは、「ありがとう」と言える感謝の心があるから。
・  目の前のことに感謝して、"よかった"を探しながら生きていくのがいい。だから、自分の欠けている部分をあまり追いかけることなく、感謝して、前に進んでいって下さい。。それが、目標達成のプロセスを楽しむことだと思っておいてください。
・  そこに目標があるかぎり、そして今のステージに感謝できるものであるかぎり、そこに向かっていくときは、きっと「わくわく」が生まれてくると思う。
・  今日は、ゴールではなく、スタートになって欲しい。今日、何かをつかんで帰って欲しい、何かをスタートして欲しい。目標設定して、ぜひ、がんばって欲しい。

以上が、セミナーの概要でした。心に響く言葉がたくさんありました。

セミナー終了後は、サイン会(S席の方から順番に、A席、B席)があった。自分はB席(自由席)だったので、ほとんど最後の方で19時くらいに順番が来て、でもちゃんと、和田さんの著書にサインを頂いて帰ってきました。

セミナー終了後、サインをもらうまでの間、少し時間があったのですが、この時間の間に、以前の別のセミナー/ブログで知り合った人とまた会えて、そしてその人のお友達の方も含めて話ができる時間になって、待ち時間も楽しい時間になりました。

充実した1日でした! 和田さん、ペリエのスタッフの皆さん、そしてその周りで今回のイベントを作ってくださった方々、ありがとうございました。感謝、感謝!

« ケータイ、復活しました! | トップページ | 『ありふれた人生』 スピッツ »

講演会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんばんは。

先日はリアルでお会いできて、お世話になり、
ありがとうございました!

しっかり、まとめられていますね。
私は何だか感動ばかり大きくて、頭の中が整理できていませんので、
読んでいて、色々な事を思い出しました。
ありがとうございます。

「わくわく」の会場でお会いできたのも何かの「縁」だと
思いますので、今後ともよろしくお願いします。

ペンギンオヤジさんへ。
ブログへの訪問ありがとうございます。

以前からペンギンオヤジさんのブログ、ちょっとみてました。和田さんとか、...さんとか、重なるところが多いので、どっかのタイミングでコメント書いてみようかな、とも思っていました。(実際には、縁なのでしょうか、リアルでお会いする方が先になってしまいましたが)

また、近いうちに同じイベントでお会いしそうだし、...
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517821/43063243

この記事へのトラックバック一覧です: 和田裕美さんのわくわく伝染ツアー2008:

« ケータイ、復活しました! | トップページ | 『ありふれた人生』 スピッツ »

Chabo!

  • Chabo!
    Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。