2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

瞬!ワード

« 「ブロガー名刺」届きました! | トップページ | DVD『自分で奇跡を起こす方法―観るだけで人生が変わる真実の物語―』井上裕之氏講演 »

2009年1月 3日 (土)

『自分で奇跡を起こす方法―読むだけで人生が変わる真実の物語』井上裕之著、フォレスト出版

著者の井上さんは、臨床歯科医(歯学博士)でありながら、経営学博士、セラピストと多彩です。

この本は、井上さんの奥さんが、交通事故で生死をさまようほどの重傷(手術後で、脳波停止状態、「良くて植物人間になると思っていてください」と医師に宣告されたほど)を負い、今まで当たり前にあった「毎日の日常」が無くなったことから、井上さんの人生・人生観が変わっていったことについて語られています。

要点を拾ってみます。

事故後は、平日は仕事(開業歯科医)、週末は病院で看病という毎日を続けていく中で、井上さんは、「奥さんの意識が戻った時に、奥さんを支えてあげられる人間になろう」、そのために、「自分を成長させたい」と強く思うようになりました。

それから、自分の成長のためにと必死に勉強(自己啓発書などの読書)します。1冊の本(ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき 』(きこ書房))と出会ったときは、人間は心のあり方一つでどんな困難も乗り切れる、と思えるようになりました。

自己啓発書によって前向きな気持ちが少しずつわき始め、その後、事故の受け止め方が変わりました。どんな状況にあっても目標を持って行動しようと思えるようになったのです。

事故から、3ヶ月後、突然、脳波が動き出しました。そして、事故から6ヶ月後、奥さんは意識を取り戻しました。そこからが、夫婦二人三脚で健康を取り戻す闘いの始まりでした。

奥さんが意識を回復したときには、あきらめないこと、信じることの重要性を感じました。井上さんら家族は、「奥さんは助かる」と心から信じていました。その結果、意識が回復したのだと思います。奇跡は信じることから起きるのです。

医師も病院もすべて自分が選ぶのです。 自分で手に入れるものなのです。そこで相手に委ねたとしたら、健康すらも与えられない。もしかしたら車いすで一生を終えていたかもしれない。 そう思ったときに井上さんは、人生を選択することの大切さを感じました。 どんなことも自分で選択しなければならない。 そうでなければ、自分の人生すら他人に決められてしまう。 そして、自分で選択できる人間になるために成長しなければ、人生は自分で決めることはできないと感じていました。

人生は今が大切です。将来はわからない。 今の積み重ねが将来を作ります。今なくして将来の結果もありません。 だから、今を最高の状態にすることが、いかに大切かと考えるようになりました。

本気でやればチャンスをつかめる。

本気には自分が望んでいるものを引き寄せる力があります。 本気が周りの人を動かします。

目の前の人に本気で伝えたとき、その人は次の人に本気を伝えます。本気の連鎖によって、自分では話ができないようなポジションの人にも本気を伝えることができます。世界の扉はそうやって開きます。 目の前の人に本気を伝えられるかどうかが勝負です。

本気は努力の積み重ねによって支えられています。能力は関係ありません。努力をコツコツ続けることです。 自分は毎日を本気で生きています。それは毎日コツコツと努力をしているということです。

自分が何かを得ようと思ったら自分を高めていくことです。そのためには学ぶことです。努力して本質的なことを高めていくことでしかチャンスをつかむことはできません。仕事に対する本気さの陰の努力は必ず伝わります。

人生には多数の問題が横たわっています。その問題を解決するものは何でしょうか。 究極的には学びと行動です。 学びと行動以外に問題を解決する方法はありません。 学びと行動は運も引き寄せます。 運は与えられるものではなく、引き寄せるものです。

より良い人生を手に入れるためには人間力や精神力を持つことが必要だということ。そのためには、より自分を高めていくために学ぶことが大切だということも、あの事故が気づかせてくれたのです。 すべての奇跡は学びと行動の先にしかありません。だから学びと行動を続けているのです。

人生は、現実の問題よりも、現実をどう受け止めて、それを変えていくかのほうが大切です。 ですから、自分の心のあり方とか、自分がどう生きていくべきかが大切です。そこを変えることによって、人生は違って見えてきます。 人は心のあり方一つで変わります。

人生を変えるには学習するしか方法はありません。

心のあり方は学ぶことによって変わります。

学ぶのは表面であり、いちばん大切なのは心です。 心を高めていくためには、いろいろな体験をすることです。 学びだけでは無理です。 学んで行動して、行動から気づいたことをどんどん自分で吸収していったときに、うまくいくこと、うまくいかないことも含めて、自分の中で心が広げられていきます。知らないうちに伸ばされていきます。

学びがすべての源泉です。学びの質と量ですべてが決まります。

繰り返しになりますが、本当に学ぶことはものすごく大切です。 ほとんどの人が中途半端に学ぶことは重要だと思っていますが、その千倍は重要です。 学ぶことによって自分の生活や環境を変えようと思ったら、くだらないことに時間を費やしている暇はないと思います。

学んで精いっぱいやったら、あとは自分を信じるしかない。 自分を信じる根拠はどこにありますか? それは実績です。過去にしてきたことです。学んで努力するから自分に自信が持てます。そして自分を信じることができるようになります。

学ぶなら世界で学べと考えます。思考を学ぶならナポレオン・ヒルやマーフィーがいいし、セールストークならブライアン・トレーシー、ジェーン・グラハムもいい。 世界で評価されているものを学んだ方が早い。世界中が理解でき、効果が出ているものを日本人が理解できないわけがありません。

「おわりに」に、
ノーマ・コーネット・マレック作『最後だとわかっていたなら 』の詩の一部が紹介されています。そして、
「今日を大切に」
「この瞬間を最後だと思ってい精一杯生きてほしい」
と思い、明日に向かって生きていってほしいと願っています。

と結ばれています。

« 「ブロガー名刺」届きました! | トップページ | DVD『自分で奇跡を起こす方法―観るだけで人生が変わる真実の物語―』井上裕之氏講演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

haruさん、少し遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ご夫婦二人三脚で健康を取り戻す闘い、私の経験と重なります。
母が病気になってから、11年くらいになりますが、
同じような闘いが続いています。

「今日を大切に」
英語だと、Live the day.ですね。
なかなか、健康だと気づきにくかったりしますね。

「この瞬間を最後だと思ってい精一杯生きてほしい」
私も、似たような言葉をブログで紹介しました。

"Stop acting as if life is a rehearsal. Live this day as if it were your last. The past is over and gone. The future is not guaranteed."
Wayne Dyer

>学ぶことによって自分の生活や環境を変えようと思ったら、くだらないことに時間を費やしている暇はないと思います。
これ、今年の抱負に入ってます!
haruさんの抱負でもありますか?

PS 「持たない暮らし」に残したコメント、週刊と習慣を入れ替えて訂正していただけますでしょうか?
よろしくお願いします(汗)。

haruさん、こんばんは。

以前にどこかのブログで、この本の記事を読んで以来、
読んでみたいなぁ・・・と思いつつ、年を越してしまいました(汗)

全ての奇跡は学びと行動の先にある、というのは本当ですね。
「学び」だけでもダメ
「行動」だえでもダメ。
車の両輪のように両方が兼ね備わっていないとダメですよね。

昨年の私は、「学び」に比べて、「行動量」が不足していたと
素直に反省していますので、今年は「行動」の方を
もう少し充実させていこうと考えています。

今年もお互いに頑張りましょう!

Karenさんへ

「今日を大切に」
は、この本に一部引用されている
ノーマ・コーネット・マレック作『最後だとわかっていたなら 』の詩
から来ているのですが、私たちは、当然のように明日が来ると思って今日を生きてしまいがちです。健康で、病気も怪我もしないときには、その生活が当然と思いがちですよね。

明日、重い病気が発覚するかもしれない、明日、交通事故に遭うかもしれない、そう考えると、今日をちゃんと過ごすことに緊張感が出てきます。そして、いつもどおりの明日が過ごせた日には、感謝の気持ちになります。

この気持ちを持ち続けたいと思っています。

ペンギンオヤジさんへ

「学び」も「行動」も大事というのは、言われてみればそのとおりなのですが、なかなか凡人には実践がともないません。一時的には頑張れても、(当然のように)習慣化するというか、継続するというのは、むずかしいですね。

また、読みたい本、たくさんありますよね!私がテレビをあまり見ないのは、読書やその他のことに時間を使いたいから。でも、読みたい本の数は、いつも読める本の数よりたくさんあります。う~ん、悩ましい。

いつも、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517821/43573752

この記事へのトラックバック一覧です: 『自分で奇跡を起こす方法―読むだけで人生が変わる真実の物語』井上裕之著、フォレスト出版:

« 「ブロガー名刺」届きました! | トップページ | DVD『自分で奇跡を起こす方法―観るだけで人生が変わる真実の物語―』井上裕之氏講演 »

Chabo!

  • Chabo!
    Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。