2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

瞬!ワード

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

「ビジネス思考力を鍛える」渋井真帆さん、AERAビジネスセミナー

4/28(火)開催のAERAビジネスセミナーの第4回「ビジネス思考力を鍛える」(渋井真帆さん)に参加してきました。

AERAビジネスセミナーは朝日新聞出版主催、朝日カルチャーセンター新宿共催、サントリー、三菱商事協賛のもので、毎回テーマと講師が変わる全12回のセミナー(4月~6月の毎週火曜日に開催)で、(すべてを通して申し込むこともできるし、)ピンポイントで第何回目のセミナーだけを申し込むことも可能。すでに第3回までは終了していて、自分は、今回の第4回目のセミナーが初参加。定員は100名ほどでほぼ満員。受講者の男女比は、今回は、圧倒的に女性が多くて、7割くらいが女性だったと思います(前回までは、男性が多かったそうです)。

最初、受付を済ませると、何やら袋に入った一式とウイスキーの小瓶(サントリーシングルモルトウイスキー山崎50ml)を渡されました。お酒もらえるの?、という感じで、思わず、「ウイスキーですか(ありがとうございます)」と言ってしまいました。(ちなみに、袋の中には、セミナーのレジュメ、AERAの最新号、朝日カルチャーセンターのパンフレット、ミネラルウォーター500ml1本、その他ちらし、など)

今回講師の渋井さんですが、私は、以前に渋井さんの著書を読んだことがあってわかりやすい内容に好印象をもっていたので、セミナーなどあれば参加したいと思っていました。ですが、女性向けのセミナーはその時もあったりしたのですが、男性向けのセミナー(で自分が参加可能なもの)をなかなか見つけられず、今回、はじめてお話を聞く機会となりました。初めてお会いした印象としては、わかりやすい話し方、快活、アグレッシブ、…、といったイメージの方でした。

今回のテーマは、「ビジネス思考力を鍛える」で、今日のセミナーの主な内容は、次の4点。

[1] 今、なぜ、ビジネスパーソン全員にビジネス思考力が必要なのか
[2] ビジネスにおける思考プロセスとは
[3] 思考はどのように行われているのか
[4] ビジネス思考力を鍛える3つのトレーニング方法

まず、なぜ、今回のセミナーで「ビジネス思考力」をテーマに採り上げたかというと、渋井さんが主催している経済塾で受講生からの質問で、

「自分は思考する力をもっと高めたいと思っているが、どう鍛えたらよいか」
「上司から自分の意見を求められることが多くなっているが、どううまく意見をまとめればよいか」
「新規事業のプロジェクトメンバーに抜擢されたのだが、どのようにプロジェクトを遂行していけばよいだろうか」

という質問が多くなってきたから。(受講生の多くは、20代~40代の企業で働く普通の女性。)こういった質問・悩みは、いずれも仕事の中で考える・思考する必要性に迫られているからと思う、とのこと。

[1]

なぜ、今、ビジネス思考力が必要になってきているかというと、一昔前(20世紀)までは、企業でも国でもごく一部の人が考え、指示を出して、その他の人たちはその指示どおりに動くことが効率的で、合理的な組織運営のあり方だったが、21世紀に入って、その状況が変わった。今は、ごく一部の人が考えて指示を出して、その他の人がその指示に従って動くということでは、間に合わなくなってきた。役職や立場、正規雇用者、非正規雇用者に関わらず、多くの人が思考することが求められる時代になってきた。今、企業競争力があり、収益を上げている企業というのは、その企業の皆が考える・思考することができている企業である。

新人の頃や非正規雇用者などは、指示されていることを、指示通りにやればよく、年次が上がっていくと、レベルの高い仕事が与えられるようになる。昔は、管理職や中堅の人がレベルの高い仕事を与えられることが多かった。(レベルの高い仕事とは、「正解のない仕事」のこと。)しかし、今は、会社の多くの人がこのレベルの高い仕事を求められるようになってきた。一方、会社のすべての人が「正解のない課題に対して考え、発想して、ビジネスの現実の制約の中で形にしていく、というビジネス思考」のトレーニングを受けてきたとは限らない。にもかかわらず、この難易度の高い仕事を与えられて、その業務を行う上で苦労をしたり、悩んだり、実力を発揮できないで、自信喪失の方もいるようだが、それは決して能力が劣っているからではない。それは、ただ単に、「ビジネス思考のトレーニングを受けていないから」、にすぎない。くれぐれも、自分の能力や可能性を過小評価しないように。

[2]

ビジネスにおける思考プロセスは次の3つのプロセスに分解できる。

<プロセス1> テーマ・課題・問題の正確な認識
<プロセス2> 情報の収集、情報の分析
<プロセス3> (分析結果に基づいて)判断・選択・決断

これら、プロセス1,2,3を意識して仕事することが大事。この3つを意識して、考えるだけでも、思考の深さと広さがかなりレベルアップする。

プロセス1が弱い人が多い(特に女性)。課題の共通認識が正確にできていない場合が多い(→「課題ズレ」)。この課題ズレは、時間のロスに繋がる。究極のタイムマネジメント(時短)は、課題ズレをなくす、こと。

ひとつの言葉に対する感覚・認識は、個人により差があり、同じ個人でも時と場合により、違ってくることがある。その感覚と認識の差が、課題ズレの原因になる。最初に認識の差を埋めることが、課題ズレを防ぐ手段。さらに、出来上がりや仕上がり、アウトプットのイメージをできるだけ具体的に共有することが課題ズレを防ぐカギとなる。

[3]

思考というのは、あるテーマ、目の前の問題に対して、結論・答えを出す、ということ。この思考の際に、頭の中では、どのようなことが行われているかについて、の説明がありました。

ロジカルシンキング(論理的思考法)とは、思考回路の論理の部分をレベルアップするために体系的にまとめられた思考方法のこと。ロジカルシンキングを使えば、論理の部分を強化できる。

フレームワークとは、ロジカルシンキングという思考回路の論理の部分を強化する思考法で情報処理をするときの情報を整理・整頓・区分け・関連付けしていくための枠組みのこと。

他人が作ったフレームワークはうまく盗むこと。なぜこの人は、こんな結論・答えになったのだろう、どのようにこの人は情報を収集して、どう分析したんだろう、どんなフレームワークだったんだろう、どんな価値観や感情で結論を出したんだろう、というように相手の思考を追いかけるようにしていくと、たくさんのフレームワークを盗める。一番自分を磨けるのは、他人の思考のいいとこ取りをしていくこと。

フレームワークを作るときは、ある課題に対して、「もれなく ずれなく だぶりなく」が基本(ミッシィ)。

[4]

ビジネス思考力は、スキルである。すなわち、継続的に訓練することで誰でも必ず身に付くようになるもの。

ビジネス思考力を鍛える3つのトレーニングは、次の通り。

(1)自分の蓄積情報のインプットを増やす
(2)情報の分析力を高める
(3)実際のアウトプット(結論・答え)を表現していく機会を増やす

これらをバランスよく訓練していくことが、ビジネス思考力を鍛えることになる。

(1)のインプットについては、新聞や雑誌などの活字媒体がよい。なぜ、活字媒体がよいかというと、速報性などの点では、インターネットやテレビに後れをとるが、その分記事が掘り下げられている点と自分に興味のない分野のことなども見出しなどで目に飛び込んできてくれるというメリットがあるから。(インターネットは検索ができるところが便利だが、自分が興味がないものは目に入ってこないというデメリットがある。そうすると情報に偏りが生じてしまう。テレビは、速報性も強いので、単純に事実を早く知るというこという目的であれば、それもよいが、テレビの情報は”その場限り”の情報で、後戻りできないというデメリットがある。自分の中で言語化して、整理して、情報処理する余裕がない。)

(2)については、フレームワークをまずは、単純なものから使っていって、だんだん複雑なものも使えるようにトレーニングしていく。

(3)については、よりアウトプット力をつけたいのであれば、誰かパートナーを見つけて、ディスカッションしてみたり、意見をフィードバックしてもらうようなことをしたらよい。例えば、友人とかで有志を募って、何かテーマを決めて勉強会を開催してみるとか、ブログやSNSなどを使って意見交換をしてみるなどの手段が考えられる。


セミナー終了後は、講師の渋井さんを囲んで30分ほどではあったが、ウイスキーを飲みながら歓談する場、時間もありました。

2009年4月19日 (日)

『僕たち、どうして勉強するの?「1日30分」を続けなさい! 2』古市幸雄著、マガジンハウス

目次
1 僕が「勉強」を意識するようになった理由
2 僕の小学・中学・高校時代
3 僕の大学時代
4 学校と勉強
5 勉強と仕事と君の未来
6 どうして勉強するの?

一般、ビジネス書というよりも、小学校高学年以上の生徒も対象読者としている、ということで、とても読みやすい本です。

前半は、著者、古市さんの生い立ちから働くようになるまでの自伝(体験談)。古市さんは、ごく普通の家庭環境に育った(実際には、いろいろ紆余曲折もあった)。生徒・学生時代は、成績のよいときもあったが、反面、落ちこぼれの時代もあった。そんな古市さんが、今は、2つの会社を経営する経営者として成功している。それを可能にしたのが、「勉強」である、と記している。

やりたいことを実現するためには、勉強を続けることが必要。(p71)

勉強をすれば、いつでも人生の挽回・逆転のチャンスはある。(p72)

君が思い描く理想の未来というのは、君が勉強することでしか切り開けない。(p75)

大学には入学したものの、大学時代はあまり勉強をしなかった。学費や生活費を稼ぐためのアルバイトに忙しかった。その古市さんが、大学を卒業する直前、ある出来事をきっかけに「本気で勉強するようになった」、「勉強のスイッチが入った」のだそうだ。

そう、僕がこどものころに見ていた、勉強をしないで困っている大人に、僕自身がなっていたのです。「こんな大人には絶対にならない」と子供のころに誓ったはずなのに……。 (中略) 「世の中が悪い」「社会が悪い」と文句ばかり言って、自分の状況を改善する努力を何もしていなかったからです。 これに気がついたとき、僕は人生最大のショックを受けました。僕が本気で勉強を始めるようになったのは、このときからです。僕の中で「勉強のスイッチ」が入った瞬間でした。(p67)

それからは、勉強に目覚め、大学卒業後は、まず、新聞社に報道カメラマンとして勤める。でも、アメリカの大学院に留学したいという目標があったので、仕事の合間に時間を見つけて、コツコツ4年間勉強を続け、留学資金を貯め、留学をはたし3年でMBAを取得。留学中も、自分の英語がまったく通じないと痛感して、よりいっそう英会話の勉強もしたそうだ。MBA取得後は、アメリカでビジネスを立ち上げる予定だったが、卒業の約半年前のアメリカ同時多発テロ事件が起きて、アメリカ経済は一気に不景気となり、アメリカでの就職も非常に厳しい状況になった。それで、やむなく帰国。挫折はあったものの、今では、日本でビジネスを立ち上げ現在に至っている。

本のタイトルにもなっている、「どうして勉強するのか?」に対する、1行の答えは、

それは、君のやりたいことやなりたいものという夢を実現するため(p146)

それから、学生だけでなく、社会人の私たちにもあてはまることとして、

ここに勉強の法則があります。それは、勉強をしたら、勉強をした本人が必ずレベルアップする、ということです。(p147)

自分に対してお金を使って勉強することを「自己投資」といいます。 (中略) 自己投資のほうは、投資をすれば確実にレベルアップして、必ずリターンが帰ってきます。これが勉強の法則なのです。勉強のいいところは、勉強すればするほど必ずリターンが返ってくるということです。逆の言い方をすると、勉強しなければ、絶対にリターンが返ってこないということです。(P148)

僕が大学を卒業してから約20年間勉強してきて、わかったことがあります。それは「勉強すれば、自分がやりたいことやなりたいことの大半は実現可能だ」ということです。(p152)

勉強は、「継続」が非常に重要です。本を読むことは、勉強の基本です。勉強を続けること、本をたくさん読むこと、のモチベーションアップに役立つ1冊です!

2009年4月12日 (日)

『ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法』北村慶著、朝日新聞出版

目次
1 今後5年で伸びる海外市場はここだ!
2 流行のBRICsなど新興国への投資は本当に大丈夫か?
3 “インベストメント”で世界の経済成長の果実を手にしよう!
4 誰にでもできるグローバル「分散」投資法
5 自分流の国際分散ポートフォリオを作ろう!

もう1冊ETF投資の本を読んでみました。今回は、おススメETFの銘柄、株式の投資配分について中心に見てみたいと思います。

■7つの厳選海外ETF

数あるETFのなかから本書でお勧めの厳選7本のETFは次のもの。

(1)世界の先進国株式市場全体に連動するETF
 日本を含む先進国23カ国の時価総額の60%をカバー
 「リクソーETF・MSCIワールド」
 (香港証取、ティッカー2812.HK) 信託報酬0.45%

(2)世界の先進国全体から日本を除いた22カ国の株式市場に連動するETF
 「iシェアーズMSCIコクサイ・インデックス・ファンド」
 (NY証取、ティッカーTOK) 信託報酬0.25%

(3)アメリカの株式の市場に連動するETF
(3-1)「スパイダース」
   (米国AMEX、ティッカーSPY) 信託報酬0.0945%
(3-2)「iシェアーズS&P500 インデックス・ファンド」
   (NY証取、ティッカーIVV) 信託報酬0.09%

(4)アメリカを除く先進国の先進国株式市場全体に連動するETF
 「iシェアーズMSCI・EAFEインデックス・ファンド」
 (NY証取、ティッカーEFA) 信託報酬0.34%

(5)世界の新興国・発展途上国の株式市場全体に連動するETF
 「iシェアーズMSCI エマージング・マーケッツ・インデックス・ファンド」
 (NY証取、ティッカーEEM) 信託報酬0.75%

(6)世界の債券市場全体に連動するETF
 「iシェアーズ・リーマン債券総合ファンド」
 (NY証取、ティッカーAGG) 信託報酬0.24%

■3つの基本ポートフォリオ

「株式」への投資についてですが、「国内株式」と「海外株式」の割合をどうするか、という検討すべきポイントがあります(p196)。本書での見解は、「唯一絶対の正解はない」としつつも、大多数の個人投資家があてはまるであろう「3つの基本ポートフォリオ」を提示しています。あとは、これを各人の置かれている状況に応じて、アレンジしていくことを勧めています。

(1)基本ポートフォリオ1
国内株式50%、海外株式(先進国)50%、海外株式(新興国・発展途上国)0%
このポートフォリオは、過去の統計データから得られたリスク・リターンの最適化計算に基づき(p199)、株式への投資のうち、国内株式に50%、海外株式に50%の資金を配分するもの。また、海外株式については、政府年金投資ファンド(GPIF)や企業年金と同様、先進国株式のみを投資対象とする。

(2)基本ポートフォリオ2
国内株式15%、海外株式(先進国)85%、海外株式(新興国・発展途上国)0%
投資対象は、基本ポートフォリオ1と同様に海外株式は先進国のみを投資対象とするが、国内株式と先進国株式の比率を、時価総額ベースとするもの。

(3)基本ポートフォリオ3
国内株式10%、海外株式(先進国)70%、海外株式(新興国・発展途上国)20%
投資対象を新興国・発展途上国の株式まで広げ、「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」への投資比率も、全世界の時価総額と同等にするもの。つまり、ほぼ地球全体の経済の複製品を創るという考え方のアセット・アロケーションを行うもの。

(ちなみに、カンさんの本(p100)では、もう少しリスクをとった「(日本を含む)先進国株式50%、新興国株式50%」を提案しています。)

上記の基本ポートフォリオをベースに、前述の厳選海外ETFあるいはTOPIX連動型ETF(東証、ティッカー1306)を購入することで、自分のポートフォリオを実現することができます。これらのETFは楽天、SBI、マネックスなどの証券会社から購入可能(銘柄ごとに取扱い証券会社は異なるので注意は必要)。

ここでは、株式投資についてのみ書きましたが、本書の中では、株式への投資だけではなく、海外債券などもポートフォリオに組み入れて分散投資すべきと書かれています。


« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

Chabo!

  • Chabo!
    Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。