2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

瞬!ワード

« 『心のなかの幸福のバケツ―仕事と人生がうまくいくポジティブ心理学』、トム・ラス、ドナルド・O・クリフトン著、高遠裕子訳、日本経済新聞社 | トップページ | 「ふつうのサラリーマンが本を出版して、自分をブランド化する方法」嶋ひろゆきさん勉強会 »

2009年7月18日 (土)

ストレングス・ファインダー受けてみました

『心のなかの幸福のバケツ―仕事と人生がうまくいくポジティブ心理学』についていた、アクセスIDを使って、ストレングス・ファインダーのテストを受けてみました。

新規ユーザー登録に15分くらい、そして実際のテストが40分くらいかかったと思います。全部で180問の質問があって、各質問への回答時間は20秒以内。問題の形式は、下記のようになっていて、真ん中が「どちらともいえない」で、5段階のレベルから1つを選ぶというもの。ただ、右の記述と左の記述が必ずしも真逆なことを言っていないこともあり、記述がちょっと長文だったりすると読むのに時間がかかっていると、ちょっと悩んでいると20秒たってしまったりと、せわしかったりしました。

090718_strengthsfinder_3

ちなみに、結果ですが、34の項目のうち、私の、強みの上位5つは、

調和性
規律性
慎重さ
収集心
学習欲

でした。そう言われてみれば、そうかな~。まあ、まんざら、はずれてもいないかな、というのが感想です。

« 『心のなかの幸福のバケツ―仕事と人生がうまくいくポジティブ心理学』、トム・ラス、ドナルド・O・クリフトン著、高遠裕子訳、日本経済新聞社 | トップページ | 「ふつうのサラリーマンが本を出版して、自分をブランド化する方法」嶋ひろゆきさん勉強会 »

日記」カテゴリの記事

コメント

僕も先日、ストレングスファインダー受けました。
僕の強みの上位5つは
1.コミュニケーション
2.競争性
3.ポジティブ
4.学習欲
5.自我
でした。
この5つがどうか、というより、自分の強みがわかったことで、自分のとる行動に自信が持てるようになりました。

>タナカエカニさん

コメントありがとうございます。

ストレングス・ファインダー、結構、受けている方いらっしゃるのですね。

自分の強みがわかったところで、どうしようか、と考えていたところもあるのですが、タナカエカニさんは、行動に自信が持てるようになったのですね! 素晴らしいです! 私もそのようにこの結果を活用できればと思います。

こんばんは。

そうなんですよね。
ストレングス・ファインダーを受ける時って
制限時間があるから、ちょっとバタバタしてしまいますよね。

ちなみに、私は・・・
・収集心
・内省
・学習欲
・自我
・調和性

少しだけ、haruさんとかぶってますね^^

>ペンギンオヤジさん

5つのうち、3つの収集心、学習欲、調和性が一緒なんですね。強みが似ているところがある、ということは、逆に、弱みも似ているところあり、ということでしょうか。(34項目もあるので、一概にそうともいえませんね。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517821/45666771

この記事へのトラックバック一覧です: ストレングス・ファインダー受けてみました:

« 『心のなかの幸福のバケツ―仕事と人生がうまくいくポジティブ心理学』、トム・ラス、ドナルド・O・クリフトン著、高遠裕子訳、日本経済新聞社 | トップページ | 「ふつうのサラリーマンが本を出版して、自分をブランド化する方法」嶋ひろゆきさん勉強会 »

Chabo!

  • Chabo!
    Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。